ブログ

一般と特定の関係

建設業許可の更新申請のケースです。
特定が2業種・一般が数業種あり、そのうちの1業種が更新期限なので更新するときのケースです。

一般と特定では許可が違うので、特定だけを許可の有効期限の調整をしようとしました。
ところが、許可は違えでも、許可の有効期限の調整はすべてでしなければならないとの事。

許可の有効期限の調整は、許可全部に及ぶということです。
ですので、一般5万、特定5万、合計10万円の更新手数料がかかるということです。

皆様、注意してください。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。